雑記

SIMフリーを導入したキッカケ

投稿日:2017年7月3日 更新日:

「SIMフリーってなに?」

というような疑問お持ち
じゃないですか?(‘ω’)

私はもともと、SIMフリー自体を
全く知らない人間です ^^) _

今回はSIMフリーを導入するに至った
キッカケについてお話していきます

参考になればうれしいです_(:3」∠)_

お金が無かった事

最初のキッカケはここからでした

毎月、決まったお給料を
貰いながら会社に通う毎日

 

働いても働いても、
毎月の請求額は変わらない

ボーナスが入っても2年に1回の車検や
保険、行事等にお金が配分されて
あまり残らずの状況・・・

「お金が全然たまらない」

世の中には”節約”という言葉は
あるけれど「続かない」

“小銭を少しづつ貯金しよう”

“家計簿をつけよう”

“予算を決めよう”

“資金配分を決めよう”

 

「こんな事しても、収入が少ないから
どうしようもない」

と決めつけていた為、
なおさら、お金が貯まりづらい状況
でした

節約に力を入れてみる

私は、毎月支払いに消えていくお金を
何とかしたいと考えました

方法としては2種類あります

1.収入を増やす(攻め)
2.支出を減らす(守り)

お金に関する本や投資本、
お金持ちのマインドには共通した事が
あります

それは、

「お金持ちになるには、収入を増やす事も
大事だけれども、同等にどれだけ手元に残せるかが重要」

つまり、支出を減らす事を
徹底出来るかどうかが重要です

守りが先か、攻めが先かについて
論じる場所によって結論は変わりますが、
お金に関して、守りが出来ないと

“バケツに穴が開いた状態で水はダダもれ”

こんな状態では、どれだけ頑張って稼いでも
お金は貯まりません

1.収入を増やす事は簡単ではありません

歩合制なら話は違いますが、歩合制でも
簡単に収入は上がりません

私にとって現実的に実践して
効果が出るのは守りの支出を減らす事でした

支出を減らす項目

そして支出を減らすという事に
着目した訳ですが今までの生活の
見直しから始まります

“家計簿”

「家計簿なんてみみっちい事出来ない!」
なんて思ってはいけません

あなたが働いている企業でも
“財務諸表”という家計簿を寸分狂わず
記録しているはずです

これが無いと、
お金を使いすぎなのか
お金を掛けなさすぎなのか
を判断出来ません

つまり、お金を掛ける所には
しっかり掛けてムダな所には
無くすという仕組みを作る必要があります

(SIMフリーの話はどこでつながるんだ^^;)

私は、月の支出について
書き出しをしました

収入と支出のバランスを視覚化した所、
無駄が多い事に気づきました

一番、ビックリしたのが”使途不明金問題”

レシートを取る習慣の無い私は、
“何に使ったのか”がわからず
数万円を何にどれぐらい使ったのかが不明な
状態になりました

「こんな状態でお金が貯まるか!!」
と自分にツッコミを入れて作業を続行

実際の家計簿(一部)

月々の出費

月々の出費

赤い四角部分が私の携帯料金です
右隣が妻の携帯料金になります

妻の携帯料金は毎月¥12,000-です
私もSIMフリーに切り替えるまでは
同じ金額でした

こんな事にもお金を振り分けて
いました

月々の出費2

月々の出費2

服代と称されたこの予算が
毎月1万円も振り分けられている

年間12万円を洋服代に回す必要性が
あるかどうかは状況によっては変わるかも
しれません

しかし、最初から予算として組んでしまうのは
ただの贅沢だし浪費にしかなりません

私は、こういったムダに対して
家計簿をつけてから敏感になりました

一番節約できるのは携帯代

節約の仕方や倹約など、
“お金を手元に残すための工夫”について
時間を掛けて調べました

とあるサイトにこのように書いておりました

「一番節約効果が高いのはスマホ代」

私と妻の携帯料金は2017.7月現在
大きく差があります

私は月々2,000円程度
妻は月々12,000円程度

私⇒年間2,400円
妻⇒年間144,000円

その差120,000円

これは、とんでもない金額です

10年間で120,000円は多く払う計算です
少し考えてみてください

あなたは今、どこのキャリア(au,docomo,softbank)
で何年お使いになられていますか?

私はキャリアを転々としていましたが
累計で10年以上は携帯電話を使っています

スマホにしてからは既に7年ほど経っています

スマホ(iphone、andoroid)に切り替えてからは
毎月平均12,000円は請求がありました

2年に一回は端末を新しく買い替えていた事も
原因ですし、使い切る事の出来ないパケットし放題
に定額でお金を支払っていました

これは、”お財布に穴が開いている”

そう考えた時に、サイトに書いていた言葉を
思い出しました

「一番節約効果が高いのはスマホ代」

私はすぐさま、格安スマホ業者(MVNO)について
調べ始めました

格安スマホ業者と大手キャリアの関係

簡単に説明しますとこうなります

大手キャリア⇒電波塔を持ってるメーカー
(au,domo,softbank)

格安スマホ業者⇒電波塔を借りてる業者
(MVNO)

大手キャリは、電波を良くする為に
電波塔を増やすためのコストを掛けていきます

この費用はとても多く電波塔を増やす
為に株式会社softbank社長の孫正義さんは
このように語りました

「電波繋がらないとしゃあないだろう」と言われたら、
それはもう言い訳できないということで、昨日、 宣言しました。
2011年度(2011年4月~2012年3月)と2012年度に
5000億円程度ずつ設備投資をする」
“決算説明会で孫社長が語った内容を一部抜粋”

これはこれで、スゴイ事です
孫社長の考えている事は本当に本当に
スゴイ

私が尊敬している人の1人です

こういった開拓者がいるから時代は
加速的に進化していきます

話を戻しますが、やはり大手キャリアは
どこも電波塔を多く所有し維持、メンテナンス
しなければならない為にランニングコストが
掛かります

電波を屋外でも屋内でも良くする為に
費用を掛けます

電波の具合が良くなった今、
政府が各大手キャリアに命令を
出しました

「電波や価格を独占するな!」

政府は、大手キャリア3社で
顧客を独占するのは良くないと
主張した為に大手キャリアは
対応する必要に迫られました

その際に、民間に貸し出す電波塔で
新しく事業を開始したのが
格安スマホ業者(MVNO)になります

 

月々が安いのならSIMフリーを使ったほうが良い

 

私は、結局この考え方に結論付けました

 

私にとってのSIMフリー
最大の魅力はコスパです

 

LINEモバイルなどは、
独自のサービスでカウントフリー
という超絶魅力的なサービスも
展開しています

 

切り替えない理由がない
と私は感じています

 

SIMフリーに興味がある場合、
懸念するのが通信速度、電波強度、
端末性能、料金だと思います

 

他の記事でも書いているのですが、
すべてにおいて大手キャリアに引けを
取らないサービス提供を行っています

 

格安スマホ業者(MVNO)は、
これから先もっと普及していきます

 

大手キャリアを使っているのが古く
なる時代も近いかもしれませんね( *´艸`)

-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

家電量販店に行った時のdocomoの人

SIMフリーは、 もう契約されましたか?   私は、SIMフリーに切り替えてから 早くも5カ月が経ちました(*’▽’)     仮に今も、キャリア …

カテゴリー

LINEモバイル