月々の携帯料金が下がった

月々の携帯料金が2000円

投稿日:2017年5月31日 更新日:

毎月の携帯料金が高いと思ってないんです。

 

年間で払う携帯料金を高いと
感じた事ってありますか!?

正直、私はまったく
考えたこと無かったんでよね^^;

だからこそ、知らない間に
“払うべき料金”としてずっと
お金を払い続けていたんですよね

毎月の携帯料金:

ソフトバンク時代:約1万2000円(機種代込)

softbank口座引き落とし6月

softbank口座引き落とし6月

上の画像が実際に私が払っていた
毎月の支払金額です^^;
ソフトバンクを8年ぐらい使っていました。

2009年ぐらいには、すでに
格安スマホ業者があったみたい
です。

そんな事は、私も知らなかったんですよね。
なので、当時はソフトバンク乗り換え
キャッシュバックキャンペーンに
踊らされて現金10万円を貰ってました(笑)

いわゆるまんまと、釣られた訳ですね(言い方悪い。

7年間ぐらいは、機種を2年おきに
変えたりしていたので月々の携帯料金は、
平均しても、約1万2000円ずつ掛かっていました。

年間で約12万4千円!!

 

7年間だったら、

な、な、な、ナント!!(楽天CM風

 

86万8000円!!!!!

7年分の携帯料金たっけぇぇ!!

となるわけです。

月々の支払料金を下げたいと

思うのも当然な金額・・・。

 

月々のアルバイトや給料が20万円
ならば、4カ月分は7年間の内で携帯料金の
ために働いているのと変わりないんです(‘Д’)

さて、ここからですよ(フフフ

 

格安スマホ業者に変えるだけで料金が激減!

 

携帯料金を格安スマホに変えるだけで
毎月約2000円までに下げることができました

実際の支払明細↓↓

毎月利用料金1

さて、ざっくりと計算をしてみましょう。

 

格安スマホ業者なら、

毎月料金2000円

年間2万4000円

同じ7年間で、16万8000円!!

 

86万8000円-16万8000円=70万

 

7年間で格安スマホに切り替えなければ
70万円も多く払い込む

ことになります

 

これって、とても大きくないですか??(^^;

 

「いやいや、安かったら安い理由があるんだよ」
とささやきが聞こえてきそうですね

 

それについては、他の記事でご説明していますので
そちらを併せてお読み頂ければ解決できます(^^)

 

切替の時期、違約金や解約手数料などの費用

 

重要なポイントになります。

なかなか違約金や解約手数料が
もったいないという理由で、
重い腰が上がらない方がいらっしゃいますよね。

そんな方へ、軽くするためにも
ここは、費用対効果を考えるのが
ベストです。

例えばこんなにお得・・・

10月が更新月の柴田さんが居ます。
柴田さんが格安スマホに乗り換えたのは、
8月でした。
あと、2カ月まてば解約手数料と
違約金は払わなくて済んだはずです。

しかし、柴田さんは早々に格安スマホ
に切り替えました。

なぜなら、毎月携帯料金が1万2000円なのを
2000円に下げる事で違約金や手数料を払っても、
今まで支払っていた金額と変わらなかったからです。

9月と10月の携帯料金は合計で4000円です。
だいたい、違約金9989円+解約手数料4700円

併せて、1万4689円です。

本来、切り替えなければ2万4000円を
支払うはずでしたが、早めに切り替えた
おかげで5000円以上も安く済ませる事が
できたというわけです。

違約金や解約手数料は、”無駄な出費”と
考えがちですが更新月までの期間が、
長ければ長いほど携帯代に支払う金額は、
結果的に多くなってしまうわけです。

 

ですから、携帯代を安くしたくても
「更新月を待ってからの方がいいの?」
という事に関して、私は更新月を待たずに
早めに切り替える事を損しないために
強くおすすめします

-月々の携帯料金が下がった
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

カテゴリー

LINEモバイル